【耶馬渓橋・一目八景・御霊もみじ】耶馬渓のおすすめ紅葉スポット(大分中津)

目次

大分中津の耶馬渓

こんにちは、なりです。
今回は秋の紅葉シーズンの耶馬渓観光をご紹介します。

中津の自然の観光スポットといえば「耶馬渓」です。

秋の紅葉のシーズンには木々が色づき、とても美しい景色を見ることができます。
新緑の季節には、青々と茂った草花のたくましさや生命力を感じることができます。

耶馬渓は秋の紅葉が有名ですが、1年を通して楽しめるところです。

また、耶馬渓は歴史も古く、耶馬渓の観光地として有名な青の洞門が作られはじめたのは江戸時代です。
さらに、約1000年前の平安時代には、八面山を中心に仏教信仰が行われていたと言われています。

いつか歴史的なところも少しづつご紹介していきたいですね。

耶馬渓は2017年に文化庁の日本遺産にも認定されました!

紅葉を求めて、いざ耶馬渓へ

耶馬渓の記事を書きたい、いつが紅葉のベストタイミングなのかな?と思っているときに、
本耶馬渓の地域おこし協力隊の山本さんから連絡がありました。

山本さん

深耶馬渓と渓石園を見てきましたが、色づき具合はかなりいいですよ。
一目八景付近の道路沿いもきれいでした。
深耶馬渓の人に聞いたら、この3日間ほどでさらに赤が濃くなったそうです。
御霊もみじの紅葉本番はこれからだと思いますが、今の耶馬渓は、かなりオススメです。
(2019年11月15日時点)

なり

なんと!!
耶馬渓へ行かなくては!!

観光スポット「耶馬渓橋」「一目八景」「御霊もみじ」

私が今回行ったのは3カ所です。

  • 耶馬渓橋
  • 一目八景
  • 御霊もみじ

3ヵ所の住所と地図はこちら

耶馬渓橋

「本耶馬渓エリア」にあります。

中津から車で約20〜30分くらい。
中津市街から近いので、気軽に行けます。

耶馬渓橋は青の洞門の近くにあり、大正時代に作られました。
大分県指定有形文化財で、日本百名橋にも数えられる橋です。

8連のアーチが美しいです。

朝の耶馬渓橋

朝は人が少ないのでおすすめですよ。

朝日で水面がキレイ

かえるを発見!!

橋を渡る人の安全と耶馬渓の繁栄を願っています

一目八景

「深耶馬渓エリア」にあります。

一目八景の展望台からは、群猿山や夫婦岩など、面白い名前がついた8つの奇岩や断崖を一度に見ることができます。

一度で8つの景色が見れるから一目八景なんでしょうね。

道中もとってもキレイでした。

一目八景のすぐ近く、ひさしもみじのアーチ

かなり紅葉が進んでいました。

木々が色づいています
紅葉がきれいです

一目八景の山々には、いろいろな名前がついています。

下から見ると猿が群がっているように見えるので「群猿山」
二つの岩が寄り添うように立つ姿から「夫婦岩」などです。

どれがその名前なのか、一緒に行った人と探すのも面白いです。

ちなみに母と一緒に行ったのですが、夫婦岩を見て母は「夫婦岩の距離感は熟年夫婦の距離感!」と言って笑ってました。

まるの中が夫婦岩、熟年夫婦の距離感らしい

真っ赤なもみじもいいですが、緑が混ざったもみじも好きです。

もみじ

天気がよくて、もみじがよりきれいでした。

もみじ

御霊もみじ

深耶馬渓の一目八景からの帰りに、御霊もみじへ行きました。

御霊神社の参道にたくさんのもみじがあります。
もみじの葉が落ちるときには、参道が赤や黄色のじゅうたんになります。

もみじはまだあまり色づいていませんでした。残念です。(2019年11月16日時点)
来週くらいにまたリベンジして、御霊もみじのきれいな景色をご紹介したいと思います。
→ 11月23日にリベンジしてきました!

山本さんが聞いてくださった耶馬渓の方曰く、御霊もみじは耶馬渓の他の場所と比較して、毎年紅葉の時期が遅いそうです。

御霊もみじも紅葉のタイミングを迎えたと聞き、11月23日に再度行ってきました。
1週間でこんなにも違うのかとビックリしました!写真でその変化をご紹介します〜

2019年11月16日時点(ビフォー)

こののぼりが目印です。
見逃さないようにしてくださいね。

nののnののののnのののののの

鳥居が歴史を感じます。

もみじはまだ緑色、見頃までもう少し!

もみじ

ここが赤と黄色のじゅうたんになるらしい↓

2019年11月23日時点(アフター)

前回の1週間後です。確かに気温が下がって寒くなったけど、こんなに変わるんだと驚きました!

1週間前と明らかに違う!

鳥居の後ろ
もみじは赤と黄色がありました

イチョウが落葉して少しじゅうたんになっていました。

前回よりも色あざやかで、とてもきれいでした。
紅葉を見に行くって時期が大事なんですね〜


しかし、11月16日(ビフォー)の緑と赤のもみじもそれはそれでとてもきれいだったので、どっちがいい悪いではないです。

「来年も耶馬渓の紅葉を満喫したいなぁ」
「別の場所に行ってみたいなぁ」と思っています。

今回は耶馬渓の3つの観光スポットをご紹介しました。

いよんこも耶馬渓を取材しているので、そちらの記事も読んでいただけると、より耶馬渓を楽しめると思います。

いよんこの記事はこちら↓


また、秋の紅葉シーズンだけじゃない耶馬渓の魅力を一年を通してお伝えしていきたいなと思っています。

今後も耶馬渓情報をアップデートしていきますので、ご期待ください!

秋の耶馬渓は人気の観光地です。
土日は特に車が混むのでご注意ください。
私は一目八景に9時30分頃行きましたが、すでに車が多かったです。
観光バスも3台いました。
そして、耶馬渓は山の中なので、けっこう寒いです。
厚手の上着があると安心です。寒さに震えながら観光はツラいものがありますので、、

やばけい食の周遊キャンペーン開催中

耶馬渓の指定のお店で食事すると応募できるキャンペーンが行われています。(2019年11月現在)

2020年3月まで行われているようなので、耶馬渓の観光とグルメを味わってみてはいかがでしょうか?
詳しくはこちら

住所と地図

耶馬渓橋

住所:871-0202 大分県中津市本耶馬渓町曽木

一目八景

住所:871-0422 大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬

御霊もみじ

住所:〒871-0413 大分県中津市耶馬溪町大字戸原

この記事が「参考になった!」「役立った!」と思ったら、SNSでシェアを〜
やる気が上がります↑
今後中津周辺の情報をドンドン発信していきます。
「中津のすすめ」のSNSをフォローしてもらえると嬉しいです(^^)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

知り合いもいない中津に引っ越してきました。
「地元民でないからこそ中津の良さがわかる!」をモットーに、よそ者視点で記事を書いています。

目次
閉じる